「川口・武南警察署・川口消防局との総合防災訓練」に参加【川口支部】 – http://keiyu110.org/activities/entry_14143/

「川口・武南警察署・川口消防局との総合防災訓練」に参加【川口支部】

2018年1月19日 更新

川口支部では、1月15日(月)、川口消防署グランドにおいて開催された「川口・武南警察署及び川口消防局との総合防災訓練」に、渡邉支部長以下3名のOB災害協力員、武南支部からも支部長以下5名の災害協力員、及び川口警察署の池田菩備課長以下10名、武南警察署杉山警備課長以下10名とともに川口消防署担当官の指導の下、震災災害現場を想定した本番さながらの訓練や仮設された現場においての人命救助活動等を実施しました。

具体的には、

  • チェンソーで木材を裁断・エンジンカッターで鉄パイプを切断・人命救助(CSR)訓練・音響センサー・画像探索・レスキュースキャン等の資機材習熟訓練等

を実施しました。

今後予想される、首都圏直下型地震、南海トラフ大地震も見込まれ、訓練の重要性を再認識しました。

なお、川口消防署担当官によると、
「消防隊員は現場の火災を食い止めるために活動するようになるので、実際の救助活動は自治会や地元住民の個々の力と協力に頼る状態になる。また、北朝鮮の情勢によっては予期できない事態に遭遇することになり、過去の教訓は果たして生きるか?認識と訓練をより強化して対応してほしい。」
と、世界情剪の変化と現場活動の難しさも訴えておりました。
美味しいものを、いつでも手軽な価格でご提供いたします―山田食品産業株式会社<山田うどん>