警察福祉協会大宮西支部会員による自治会安全講話の実施について【大宮西支部】 – http://keiyu110.org/activities/entry_20191/

警察福祉協会大宮西支部会員による自治会安全講話の実施について【大宮西支部】

2019年4月4日 更新

大宮西警察署管内西区清河寺自治会春祈祷会において春の交通安全運動に向けたみだしの交通安全及び防犯講話を実施した状況について下記のとおり報告いたします。

実施日時

平成31年3月23日(土)午後1時00分から午後1時40分頃まで

実施場所

さいたま市西区清河寺地内自治会館「ふれあい会館ホール」

参加団体・人員

河寺自治会役員及び班長・囃子連(約80名)

講師

警察福祉協会大宮西支部会員 渡辺光令氏(71歳)

実施状況


渡辺氏の講話状況

西区清河寺自治会はJR西大宮駅新設に伴い近年新築ラッシュが加速しており、加入戸数が700戸を超える大規模な自治会であります。
この度、五穀豊穣を願う春祈祷イベントに合わせて自治会からの要請により3回目となる地域安全講話を実施したものであります。

講話実施前に大宮西警察署と情報交換の上、同署よりパンフレット、チラシ、「あゆもやこう」等の提供を受け、警察官OBによる社会貢献活動の一環として実施したもので地域住民の安全安心に大きく貢献したものと認められます。

講話においては、埼玉県警察管内における交通事故発生状況について
「75歳以上の高齢者が第1事故当事者の約15パーセントを占め、過去最高である」
等分かりやすい数字を示し、併せて振り込め詐欺対策については
「民事訴訟をうたったハガキ詐欺」が増加している等特殊詐欺の手口や西警察管内の発生状況及び被害防止のポイント等笑いを交えて分かりやすく説明した講演が大喝采でしたので報告致します。

地域の皆様と共に―埼玉縣信用金庫<この街 好きです さいしん>