久喜警察署年末年始特別警戒出陣式への参加について【久喜支部】 – http://keiyu110.org/activities/entry_13622/

久喜警察署年末年始特別警戒出陣式への参加について【久喜支部】

2017年11月30日 更新

久喜支部においては、埼玉県警察の年末年始特別警戒実施に伴う久喜警察署主催の出陣式開催にあたり、支部長以下3人が参列し署員の激励を実施しました。

当日は晴天に恵まれ、会場である管内のショッピングモール「モラージュ菖蒲駐車場」に詰めかけた大勢の見物客に対しての、防犯・交通事故防止の呼びかけ等の啓発活動に協力しました。この状況について、次のとおり報告いたします。

出陣式実施年月日時

平成29年11月26日(日)午後2時00分から午後3時00分ごろの間

場所

久喜市菖蒲町菖蒲6005番地1 モラージュ菖蒲駐車場

参席者

警察福祉協会久喜支部 遠藤支部長以下 3名
久喜警察署職員 平井署長以下 50名
一日警察署長 佐藤弘道(さとうひろみち)氏 49歳・・体操インストラクター「お母さんと一緒」の先生
その他
来賓~久喜市長・白岡市長・久喜警察官友の会会長・久喜市議会議長・白岡市議会議長・久喜地区警察協議会会長・久喜地方交通安全協会会長 等 27名

開催内容(次第)

  • 開会 14:00~
  • 久喜警察署長挨拶
  • 来賓挨拶~代表3名
    田中久喜市長・小島白岡市長・飯島 久喜警察署警察官友の会会長
  • 来賓紹介
    ~前記、挨拶した3名以外の各代表者が一人ずつ紹介された。
    ~支部代表として、来賓席に並んだ遠藤支部長が紹介される。
  • 1日警察署長 佐藤弘道氏による安全宣言
    ~会場前面の演台に登壇した佐藤氏は
    自分自身の日ごろの事故防止策、自分の車のナンバーが盗難被害にあったこと等に触れ、改めて事件事故防止についての安全宣言
    「ルールやマナーを守り、犯罪・事故に遭わない、巻き込まれない、起こさない」
    を読み上げ、「一人一人が気をつけ、少しでも事件・事故が少なくなって欲しい」と訴えた。
  • 通常点検
    ~指揮官(久喜署警備課長)以下、署員22名が整列して、点検官・平井署長による点検が披露された。
    その途中で、整列した署員の間を署長以下27名の来賓者による巡閲が行われた。
  • 犯罪抑止対策のための特別演技・・逮捕訓練
    ~会場中心にて、久喜警察署員による“ひったくり事案”を想定した特別演技が行われ、被害者役の女性警察官と、これに襲いかかる犯人役の警察官の妙演技、更に別の警察官による逮捕劇で会場を盛り上げていました。最後には、一日警察署長も逮捕役に参加して喜ばれていました。
  • パトカー及び捜査用車両等の巡閲
    ~白バイ2台、パトカー5台、覆面パトカー5台、青パト2台を前に、久喜警察署長・1日署長・指揮官が巡閲した。
  • 車両部隊出発(広報活動)~15:00
    ~車両部隊員の代表が列前に出て出発申告後、一斉にサイレン吹鳴後、赤燈を点滅させて順次パトロールへと出発した。

その他

当日は晴天に恵まれ、会場に詰めかけた多数の家族連れなどに取り込まれた会場の中心に、主催者・来賓・関係者が集結し決行されました。

なお、約1時間前から久喜警察者の関係者・車両が到着し、準備が行われており、予定どおり開始されました。
会場周辺では、パトカー等多数の警察車両が集結する様子をみて、その周りでは子供連れの家族等の見学客が取り巻き始めました。・・白バイ、シートベルト体験車に触れての写真撮影も行われる中、式典は定刻に無事開催の運びとなりました。

なお、当支部長は式典会場の来賓席に招かれて着席、その他の2名は会場周辺での取材・写真撮影に当たりました。

指揮官の号令のもと、キビキビと動く警察官の姿を見て、感心する約100人の観客。そして、警察官の演技を見て、更に喜ぶ子供たちの姿等が目立ちました。また、ひったくり犯人の逮捕劇に対しても大きな拍手が送られていました。

なお、出陣式終了後、会場にて遠藤支部長が支部を代表し、会場責任者でもる久喜署 宮野警務課長に、用意した「激励」を手渡し署員の激励を行いました。(当支部では、毎年この時期に「特別事業」の一慣として「激励」を実施しています。)

警備・総合ビル管理・人材派遣のアシマ株式会社(さいたま市・川口市・川越市)