大宮東警察署年末特別警戒等出陣式に参加~アトラクションで柳沢昭会員がトランペット演奏~【大宮東支部】 – http://keiyu110.org/activities/entry_13668/

大宮東警察署年末特別警戒等出陣式に参加~アトラクションで柳沢昭会員がトランペット演奏~【大宮東支部】

2017年12月5日 更新

大宮東支部では、12月1日(金)午後、片柳コミュニティセンターで行われた大宮東警察署主催の「冬の交通事故防止運動・年末特別警戒出陣式」に木村支部長以下9名の会員が参加しました。

また、木村支部長は、出陣式に先立って警察署長に面会し、管内治安情勢等についての意見交換や特別警戒等への激励を行いました。

「出陣式」は2部構成で、1部では、警察署長をはじめ見沼区長、大宮東交通安全協会会長、さいたま市地域防犯推進連絡協議会大宮東支部長の挨拶や来賓の紹介が行われ、その後、さいたま市交通安全広報大使 岸智枝美氏が「交通事故、犯罪の無い安心して暮らせる地域づくりに力強く取り組んで行く」と安全・安心宣言を読み上げました。

二部はアトラクションで、トランペット演奏と寸劇が行われました。

トランペット演奏では、元県警察音楽隊長で退職後も小中学校等で音楽指導を行うとともに、見沼区内市立大宮八幡中学校の「いじめ対策委員」として活躍中の大宮東支部会員・柳沢昭氏がトランペット、コルネット、フリューゲルホルン及びバリトンを示して、その特徴などについて説明を行いながら演奏しました。曲は、「見上げてごらん夜の星を」、「北の国から」、「雪国」、「星に願いを」、「愛のままに」の5曲、そしてアンコールに応えて「人生いろいろ」の計6曲。これに対して参加者は聞き入るとともに盛んに拍手を送り、警察署長もその場で感謝状を贈呈して、感謝の意を表しました。

寸劇では、同署員で構成する「劇団☆OHK with M」による「振り込め詐欺防止」について、解説をしながらの演技が行われました。参加者からは「わかりやすくて良かった。これで騙されない」などの感想がありました。

以上をもって「出陣式」は定刻に終了しました。

「劇団☆OHK with M」について、OHKは大宮東警察署、Mは同劇団の指導者・前任の森元副署長の頭文字をアルファベットで示したとのこと。寸劇による防犯活動を推進中です。

クイーンズビラ<安心・信頼・誠実・真心>社会福祉法人 熊谷福祉の里