「防災訓練」AEDによる心肺蘇生法習熟訓練の実施【鴻巣支部】 – http://keiyu110.org/activities/entry_17275/

「防災訓練」AEDによる心肺蘇生法習熟訓練の実施【鴻巣支部】

2018年9月7日 更新

平成三〇年九月四日(火)午前一〇時から鴻巣警察署では、二階道場において鴻巣警察署OB支援協力員、県央埼玉広域消防署員等の参加により、「平成三〇年鴻巣警察署大震災警備訓練」が実施されました。

県央埼玉広域消防署員の指導により、AEDを使用した[心臓蘇生法]習熟訓練を警察署員並びに参加した鴻巣警察署OB支援協力員が、真剣に取り組み、訓練の想定外であるAEDを使用したことのない者や心臓マッサジを行ったことのない者が、たまたま現場に遭遇した場合の対応要領等について、担当の消防署員から実践的な応急訓練方法等の指導を受け、迫力のある訓練が行われました。

訓練終了後の好評では、警察署OB支援協力員の内田副支部長・消防署員の防災課の係長は、「消防・警察」の現場における情報の共有化等の重要性や普段の訓練が現場でも適切に行い、市民の生命・身体の保護に当たる必要性等についての説明があり、普段の防災訓練の重要性について、訓練に参加した鴻巣警察署OB支援協力員者は、認識を新たにされたことだと思います。

埼玉県で葬儀・葬式を行うなら伝統の博愛社