「平成30年秋の全国交通安全運動出発式」への参加について【久喜支部】 – http://keiyu110.org/activities/entry_17434/

「平成30年秋の全国交通安全運動出発式」への参加について【久喜支部】

2018年9月18日 更新

先日、久喜署管内所在の「アリオ鷲宮 噴水広場(野外)」において、みだしの出陣式が開催されたが、当支部では、地元の久喜警察署交通課から連絡を受け、当協会が取り組む「地域安全活動」の一環と捉え、支部会員への参加を募ったところ、多数の参加者が同出発式に出席し、関係機関との交流を図ることともなりました。

なお、活動概要については、次のとおりであるから報告いたします。

実施日時

9月16日(日)午前10時00分から同11時00分頃までの間

実施場所

久喜市久本寺7番地1「アリオ鷲宮」前、噴水広場(野外)

参加者

久喜警察署職員及び久喜市交通安全協会関係者など約150人
※当支部からは、会員23人が参加。

状況

(1)式典会場での当支部参加者は、県協会から配分を受けている「警友会」と明記のチョッキ・帽子を全員が着装して整列し、新ためて交通事故防止に向けた運動に寄与する立場を表明しました。(人員・服装とも、他の団体に引けをとらない姿で目を引いていました。)また、当日は前日からの雨天予想が続くかと心配されましたが、開催時は晴れ間が出て無事に開催の運びとなりましたが、参加者からは「暑くて参った」との感想も漏れていました。

(2)式典では、当支部の他、交通安全協会傘下の各種関係団体が整列し、久喜警察署 平井署長を始め久喜市副市長・白岡市市長・交通安全協会長等から、「現在、埼玉県は全国で2番目の交通死亡事故発生数発表されており、久喜署管内では毎年の秋から暮れにかけて死亡事故が多発している傾向にあるので注意して頂きたい」との挨拶で始まりました。 会場脇に設けられた代表者席には、小山田支部長の代役として支部理事である堀口邦夫氏が他の団体代表と共に座り、主催者から紹介を受けました。

・・当日は、小山田支部長及び副支部長2名とも多用が重なり、協議の結果、堀口理事が支部長代行として選ばれたものです。

(3)式典半ばには、“交通安全宣言”が行われましたが、今年は久喜市出身の市川美織さん(元AKB48、元NNB48所属)が一日警察署長として登壇し、これを目当てに集った約50~60人の若者や子供の声援を受け、敬礼で応答するなどし、元気な交通安全宣言が行われ、その後も司会者の質問に答え「黄色の注意信号に合わせ、交通事故に遭わないよう注意したい。今後、黄色を持ち色にした活動を取り入れたい」等と語り、会場を沸かせていました。

(4)その他、会場脇では、白バイ・パトカーの展示、クラシックカーの展示などが行われ、クラシックカーは会場であるアリオ鷲宮の周囲を警察署長及び一日署長の市川美織さんを乗せて周回し、子供連れ家族や集ったファンが写真撮影などに興じていました。

(5)最後は、主催者が用意した啓発品(表面に反射印刷の施されたポーチ)配布活動に参加し、会場周辺に来ていた買い物客等への配布を行なった後、終了となりました。

埼玉県警察にお勤めの皆様・ご家族様、およびOB・OGの方々の葬儀をお手伝いいたします。―株式会社 花友