防犯のまちづくり県民大会への参加【大宮西支部】 – http://keiyu110.org/activities/entry_17995/

防犯のまちづくり県民大会への参加【大宮西支部】

2018年10月17日 更新

みだしの大会に当支部から門倉支部長以下3名が参加したので、参加写真を添えて報告します。

開催日時・場所

  1. 平成30年10月16日(火)午後1時から4時頃まで
  2. さいたま市浦和区高砂3-1-4 埼玉会館大ホール

開催状況

今年の大会は、第一部で主催者である埼玉県防犯協会連合会の岩沢副会長、上田埼玉県知事、富田県警本部長の順に開催挨拶、続いて齋藤埼玉県議会議長の来賓祝辞があり、その後、地域安全活動に多大の功労が認められた団体、個人、警察官の表彰が実施された。

次に、防犯ポスターコンクール入選者の表彰で16名(小学生から高校生まで)が受賞し、記念写真撮影が行われた。

続いて、全国防犯協会連合会防犯栄誉銀賞、銅賞及び関東防犯協会連絡協議会功労団体表彰の伝達が行われ、最後に、大会宣言が読み上げられて第一部が終了した。

第二部は、(株)ステップ総合研究所所長・NPO法人体験型安全教育支援機構代表理事
清水奈穂氏の「防犯ボランティアに期待される活動」~子どもの安全・安心を確保するために~と題する講演が行われたが、埼玉県内の事件を含む全国で発生した少年や少女が被害にあった主要事件が取り上げられ、地域住民等のボランティア活動取組みの重要性と継続性が求められた内容であり、我々福祉協会員が行っている各種活動も地域の安全・安心を確保するための一助になっていることを強く認識させられ、大変有意義な講演であった。

また、当日配布された「子どもの安全ガイドブック」なる小冊子も講演内容が多く掲載されており、とても勉強になった。

第二部の最後は、県警音楽隊の演奏とカラーガード隊の演技があり、終了となった。

埼玉県で葬儀・葬式を行うなら伝統の博愛社