「犯罪被害者支援交流会」への参加【狭山支部】 – http://keiyu110.org/activities/entry_19732/

「犯罪被害者支援交流会」への参加【狭山支部】

2019年2月18日 更新

支部では2月9日(木)、狭山市民交流センターにおいて開催された犯罪被害者・交通被害者支援の会「オリーブ」(代表佐藤咲子氏)主催の「犯罪被害者支援交流会」に、斎藤支部長、岩崎副支部長の二名が参加しました。

交流会の内容は、佐藤代表による趣旨説明と協力要請に始まり、犯罪被害者ご遺族お三方(糸賀英恵氏、伊藤秀子氏、佐藤清志氏)による講演と質疑応答。

その後、参加者全員でのストレッチ体操(講師:吉田みつこ氏)。最後に映画上映(「笑顔の向こうにある涙」)でした。

特に講師のお三方の、いずれも実体験に基づく筆舌に尽くしがたい余りにも凄惨な犯罪被害の実態と、計り知れない深い悲しみ心境等についてのお話しは身につまされる思いでした。「事件は解決しても被害は解決していない」という言葉が心に沁み、その意味と犯罪被害者支援の重要性が理解出来たように思います。

会場は、100名以上収容出来るホールでしたが満席で、参加者は我が事のように真剣に聴講し質疑応答もなされました。また、本交流会に埼玉犯罪被害者援助センターから廣田専務理事がオブザーバーとして参加しご挨拶されました。

クイーンズビラ<安心・信頼・誠実・真心>社会福祉法人 熊谷福祉の里