春の全国交通安全運動出発式に参加【大宮東支部】 – http://keiyu110.org/activities/entry_20696/

春の全国交通安全運動出発式に参加【大宮東支部】

2019年5月14日 更新

大宮東支部では、5月11日(土)午後、見沼区役所駐車場において行われた見沼区、大宮東交通安全協会、大宮東警察署共催の令和元年春の全国交通安全運動出発式に、木村支部長以下14名の会員が参加しました。

出発式に先立ち午後1時から15分間、約80名の参加者が区役所周辺において、出発式の聴衆(約100名)をはじめ通行人やドライバーにチラシ等を配布するなどして交通事故防止と特殊詐欺被害防止を呼びかけました。

出発式は午後1時30分に始まり、最初に見沼区長、大宮東交通安全協会長、警察署長の順に挨拶が行われました。
小澤署長は挨拶の中で、埼玉県とさいたま市の重点目標、「子供と高齢者の安全な通行の確保と高齢運転者の交通事故防止」(県)、「児童と生徒の交通事故防止」(市)を述べた上で、大宮東警察署の取り組みについて「『運転モラル向上のための交通指導取締り』、『通学路における交通安全活動』、『高齢者に対する注意喚起活動』、『自転車利用者に対する交通安全指導』を重点に署員一丸となって取り組む」と強調。また、5月8日大津市大萱の交差点で保育園児ら16人が死傷した事故にも触れ、「通学路等における危険個所を発見した場合にはぜひ警察へ通報を」と呼びかけました。

出発式ではその後、当支部をはじめ参加団体代表の紹介が行われ、次いで「一日警察署長」に委嘱された島小学校5年吉田御言さん、同小学校1年村田夏海さん、春岡小学校1年渋谷空我さんの3名が交通安全宣言を力強く読み上げ、参加者全員の拍手をもって確認されました。

その後、車両部隊が申告を行って、白バイを先頭に交通指導取締りに出発。次いで交通機動隊男性隊員2名、女性隊員(スキップ)2名がドリル走行を披露、続いて警察音楽隊の演奏とカラーガード隊の演舞、最後に「一日警察署長」の3名に小澤署長が感謝状を贈呈して午後2時30分に終了しました。

プリムローズ有朋