「令和元年秋の全国交通安全運動出発式」への参加について【久喜支部】 – http://keiyu110.org/activities/entry_22939/

「令和元年秋の全国交通安全運動出発式」への参加について【久喜支部】

2019年9月20日 更新

先日、久喜署管内所在の「アリオ鷲宮噴水広場(野外)」において、みだしの出陣式が開催されたが、当支部では、地元の久喜警察署交通課から連絡を受け、当協会が取り組む「地域安全活動」の一環と捉え、支部会員への参加を募ったところ、多数の参加者が同出発式に出席し、関係機関との交流を図ることともなりました。
なお、活動概要については、次のとおりであるから報告いたします。

実施日時

9月15日(日)午前9時50分から同11時00分頃までの間

実施場所

久喜市久本寺7番地1「アリオ鷲宮」前、噴水広場(野外)

参加者

久喜警察署職員及び久喜市交通安全協会関係者など約200人
※当支部からは、会員26人が参加。

状況

式典会場での当支部参加者は、県協会から配分を受けている「警友会」と明記のチョッキ・帽子を全員が着装して整列し、新ためて交通事故防止に向けた運動に寄与する立場を表明しました。(人員・服装とも、他の団体に引けをとらず目立つ存在でした。)
また、当日は前日からの雨天予想が続くかと心配されましたが、開催時は晴れ上がって無事に開催の運びとなりましたが、参加者からは「暑くて参った」との感想も漏れていました。
さらに、式典を盛り上げるため、各団体の代表が近くの駐車場から10数台のクラシックカーに乗って会場入りしましたが、当支部の小山田支部長も懐かしい“フェアレディZ”に乗っての登場となりました。

式典では、当支部の他、交通安全協会傘下の各種関係団体が整列し、久喜警察署市川光浩署長を始め梅田修一久喜市長・野田白岡市副市長・小西久喜地区交通安全協会長等から、「久喜署管内では、ここの所交通死亡事故が減少しているが、この状況を伸ばすため、参加者の皆さんに引き続きご協力を頂きたい。また毎年秋から暮れにかけて死亡事故が多発している傾向にあるので注意して頂きたい」との挨拶で始まりました。
会場脇に設けられた代表者席には、小山田支部長が支部を代表して他の団体代表と共に座り、主催者から紹介を受けました。

式典半ばには、“交通安全宣言”が行われましたが、今年は久喜市管内の久喜北陽高校チアリーダー代表2名が登壇し、元気な交通安全宣言が行われ、大きな拍手を受けるとともに、久喜署長と並んでの写真撮影に応じていました。

その後、会場中央に18人の高校野球等の応援に登場する久喜北陽高校チアダンス部員が華麗な姿で登場し、約30分に及ぶ元気なチアダンスの演技が繰り広げられ、晴れやかな表情・踊りに対し拍手喝采が投げかけられました。

最後に、当支部参加者は会場前に集合し、久喜署長・久喜市長を囲んでの記念写真に納まりました。
また、主催者が用意した啓発品の配布活動に参加したり、近くの駐車場に駐車中の県内外から集合したクラシックカー59台の見学に回ったりしました。

クイーンズビラ<安心・信頼・誠実・真心>社会福祉法人 熊谷福祉の里