第31回暴力追放・薬物乱用防止埼玉県民大会に出席して【浦和支部】 – http://keiyu110.org/activities/entry_25136/

第31回暴力追放・薬物乱用防止埼玉県民大会に出席して【浦和支部】

2020年2月27日 更新


大会出席の警友会浦和支部員

浦和支部では、1月30日(木)埼玉会館大ホールで開催された「第31回暴力追放・薬物乱用防止埼玉県民大会」に、金川支部長以下7人が参加しました。

第1部は、主催者の埼玉県暴力追放・薬物乱用防止センター理事長の富岡熊谷市長、大野県知事、富田警察本部長の挨拶が行われた後に、暴力追放活動功労者(団体)、暴力追放・薬物乱用防止活動功労者(団体)の表彰が続き、昨年の全国暴力追放運動中央大会において「暴力追放栄誉銀賞」を受賞された萩原隆氏による大会宣言が行われました。

第2部は、全国防犯協会連合会・全国暴力追放運動推進センター代表理事田中法昌氏による「力を合わせて暴力団排除」の特別公演が行われました。同氏は、犯罪率のワーストは、大阪・福岡・兵庫・愛知県で低い方は、島根・秋田・鳥取県であり、犯罪率は暴力団員の数と比例している。

暴力団対策法や暴力団排除条例制定以降は暴力団が大幅に減少したがなくならないのは、社会の中に暴力団と癒着したり、利用する企業や店舗、住民等が多いからで、資金源を断つことが大切であることなどを分かりやすく説明されました。

第3部は、県警察音楽隊、カラーガード隊の演奏・演技で、大盛況のうちに閉幕しました。


大野埼玉県知事挨拶

田中特別講師の講演
埼玉県警察にお勤めの皆様・ご家族様、およびOB・OGの方々の葬儀をお手伝いいたします。―株式会社 花友