小鹿野警察署防災訓練への参加結果について【秩父支部】 – http://keiyu110.org/activities/entry_28029/

小鹿野警察署防災訓練への参加結果について【秩父支部】

2021年9月14日 更新

秩父支部では令和3年9月7日(火)、小鹿野警察署が実施した防災訓練にOB災害協力員2名が参加したのでその状況について下記の通り報告します。

実施状況

秩父支部では令和3年9月7日(火)、小鹿野警察署が実施した防災訓練に参加しました。

新型コロナウイルスの感染が終息されない中、埼玉県においても緊急事態宣言が発令されていますが災害は何時いかなる時に発生するのか予測ができません。発生した災害に的確に対応ができるように今回は新型コロナウイルス感染予防の観点から小鹿野町に居住しているOB災害協力員の新野地区長、萩原支部員の2名のみが参加しました。

訓練は小鹿野警察署の中庭において午前9時から行われ、新型コロナウイルス感染防護のためのタイベック防護服の装着訓練・衛星携帯電話使用訓練・除雪機の使用訓練・発動発電機を使用した非常用電源確保訓練等が実施されました。

中でもタイベック防護服の装着訓練は、新型コロナウイルスからの感染防護対策のうえで正しく装着し、正しく脱衣することが最も重要であることの説明を受け訓練に参加した署員も、常に新型コロナウイルスからの感染リスクと隣り合わせで各種業務に従事しているので非常に参考になります、と話していました。

防災訓練については新型コロナウイルスの感染が終息した後は、多くのOB災害協力員に参加してもらい、防災意識を高めて、災害発生時においては落ちついて的確な行動ができるようにして行きたいと思います。

タイベック防護服装着訓練状況

訓練参加者

プリムローズ有朋